「電子書籍」と「紙の書籍」

PR|会社経営の売上アップ|幼児の英会話教育を選ぶ|がん治療の最先端医療クリニック|夏に向けて背中のにきび対策兵庫・姫路で労務弁護士なら子供の身長がぐんぐん伸びるサプリマツエク人気通販サイト受験生のお子様へオススメのDr.Dekisugi(ドクターデキスギ)知立市で注文住宅を建てる枚方市でマンションとマイホームでお悩みなら |

皆さんは、「書籍」と聞いて何を思い浮かべますか。おそらく、気軽にスマートフォンや、パソコンを使って講読することができる「電子書籍」を思い浮かべる方が多いでしょう。

電子書籍のメリットとして、「読みたいときに読める、電子媒体の為、荷物の負担にもならない」

デメリットとして「形には残らない、データ破損により読めなくなる」といったことを挙げることができます。

しかし、スマートフォンやパソコンがない時代は、「書籍」といたら「紙媒体」ですよね。

メリットとして、「書籍という形に残る、目次を見てからの検索がスムーズ」

デメリットとして「荷物になる、保存方法が難しい」ということを挙げることができます。

どちらもメリット、デメリットはありますが、皆さんは、「電子書籍」と「紙の書籍」と言われたら、「私は、○○だから△△書籍が良い」と答えますか。私は、利便性がある電子書籍よりも、目に見えて、形がある紙の書籍が良いと思っています。この質問に答えはありませんので是非考えて見て下さい。

皆さんは、「オンデマンド印刷」をご存知でしょうか。答えを簡単に述べると「大型プリンターを使って印刷」です。自宅にあるプリンターを「更に大きくしたもの」と想像してもらうとわかりやすいと思います。用語説明として、「on demand」を訳すと「要求があり次第、要求に応じて」となり、この意味から分かる通りオンデマンド印刷とは、「要望がある時に印刷をする」となります。

オンデマンド印刷の利点は、時間をかけずに早く印刷をしてお客様のもとに品物を届けることができます。通常は、オフセット印刷(またの機会に説明)で多くの部数を刷るケースが多いです。オフセット印刷をイメージするとしたら、「新聞等を刷っている大きい機械」と思ってくれたら幸いです。

今回は、オンデマンド印刷の説明をしましたが、まとめると「大型プリンターを用い、お客様の要望に応じて時間をかけずに印刷する」となります。

補足 オンデマンド機は、印刷だけでなく封筒や、クリアファイル等を刷ることも出来ます。

PR|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|留学で成長しよう!|童話の世界|ショッピングカート|

コメントを残す